Tag Archives: 文学

アイラブユーの名訳

二葉亭四迷は、明治の日本が誇る文豪ですね。 四迷が言文一致運動をリードし、近代小説は、従来の文語文体から、話し言葉の文体へと変貌を遂げました。 そんな中、ロシア文豪ツルゲーネフの中編小説『アーシヤ』を、四迷が明治29年に [...]