Stay foolish.~スティーブ・ジョブズ名言の翻訳例

先日、『スティーブ・ジョブズ名語録 人生に革命を起こす96の言葉』(PHP文庫)を購入したのですが、各名言に原文が記されておらず、ちょっと残念!

外国語の名言がどんなふうに日本語に翻訳されて紹介されるかで、名言度が変わってきますからね。


今日の日経ビジネスオンライン「ニュースで読みとく英語のツボ」で、「スティーブ・ジョブズをinsanelyに悼む」という興味深い記事を読みました。


まず、ビル・ゲイツの追悼の言葉「~it’s been an insanely great honor」。

  • 「Insanely Great Mac」はアップルファンの間での決まり文句。
  • 「insane」「incredible」「fantastic」「stupendous」に「-ly」をつけて強意の副詞にすると、形容詞の意味は薄れる。

この2点ををふまえて、筆者の土方奈美さんは、

insanely great honor」⇒「ヤバいくらい光栄

と、うまく訳されています。


後半は、名言「Stay hungry, stay foolish.」について。

「stupid」「idiotic」は常にネガティブな意味で使われるが、「foolish」は文脈によってはポジティブな意味にもなる、と。

ここでは、頭に「バカ」がつくほど頑張ってみろ、という前向きなメッセージになり得るということですね。

そこで、土方さんは、「ハングリーであれ、やんちゃであれ」と、素晴らしい訳を提示されています。

とはいえ、『ハングリーであれ、愚かであれ。―スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く』(朝日新聞出版)という書名にあるように、従来の「愚か」という訳の方が含みが多く、名言の体をなすのにピッタリだとは思いますが…。


スティーブ・ジョブズが行ったスタンフォード大学でのスピーチは、上記名言で締めくくられます。英語リスニング学習にも超オススメなので、まだの方はどうぞご覧ください♪