当サイトでは、翻訳にまつわる面白雑学ネタ・お役立ち情報を、詳しく楽しく紹介しています♪

翻訳トリビア大事典

翻訳トリビア大事典

第12問: 誤訳で死刑。執行刑の種類は?
================

第12問〜誤訳で死刑?!

================

第12問: 誤訳で死刑になったフランス人のラテン語学者、エティエンヌ・ドレさん。執行された刑の種類は?

(1) ギロチン

(2) 火あぶり

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

 (答え)

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

(2) 火あぶり

トリビア解説:

ドレは、16世紀の人。

印刷業・出版業を営むかたわら、古典語からフランス語への翻訳に従事。

ソクラテスの翻訳で、魂の不滅を否定する異端思想が含まれているという口実で、火刑に処せられました。

魔女裁判のようです。

[次の翻訳クイズ⇒]


翻訳トリビア大事典Top


友達に教える

©翻訳トリビア大事典