当サイトでは、翻訳にまつわる面白雑学ネタ・お役立ち情報を、詳しく楽しく紹介しています♪

翻訳トリビア大事典

翻訳トリビア大事典

実際の長さを無視して見た目を重視した数字翻訳!
================

『海底二万○○』

================

1870年にジュール・ヴェルヌが発表した古典SF小説といえば?

『海底二万里』

『海底二万海里』

『海底二万マイル』

『海底二万リーグ』

『海底二万リュー』…。

どのタイトルでご存知ですか?

単位を和訳しておきながら、「二万」という数字はそのまま残っています。

翻訳しつつも換算しないとは、大胆不敵!

それぞれの邦題をキロメートル換算してみましょうか。

・二万里 = 約78000キロ

・二万海里 = 約37000キロ

・二万マイル = 約32000キロ

・二万リーグ = 約96000キロ

・二万リュー = 約80000キロ

いちばん正確なのは、フランス語原題の直訳『海底二万リュー』です。

その近似値となる『海底二万里』が、日本語としてもっとも妥当かと思います。

ちなみに、過去に『海底六万哩(マイル)』という換算型の邦題も存在。

「六万」なんて、なんだか続編かと思っちゃいますよね。


翻訳トリビア大事典Top


友達に教える

©翻訳トリビア大事典