当サイトでは、翻訳にまつわる面白雑学ネタ・お役立ち情報を、詳しく楽しく紹介しています♪

翻訳トリビア大事典

翻訳トリビア大事典

『大草原の小さな家』で聞こえた擬音語とは?
================

大草原の小さな擬音語

================

『不思議の国のアリス』をはじめ、児童文学は言葉遊びの宝庫です。

TVドラマ『大草原の小さな家』として有名になった『大きな森の小さな家』(ローラ・インガルス・ワイルダー著)から一例を。

父さんから子供時代の話を聞く主人公ローラ。

夜の暗い森で

☆「だれだぁ〜」

という声がしたから驚いて逃げた、と。

実はその声の主がフクロウだったというオチ。

何ででしょうか?

フクロウは日本語で「ホーホー」と鳴きますが、英語では「フー」に近い音で鳴きます。

だから「フー」=「Who?」=「だれだぁ〜」に聞こえてしまったというワケ。

さすがに邦訳で表現しきれなかったらしく、このオチのワケを脚注で補足。

誰か「だれだぁ〜」のかわりになる「ホーホー」のもじり訳を考えてみませんか?

自分も試みましたが、ほうほうの体で引きさがりました。(^^;)


翻訳トリビア大事典Top


友達に教える

©翻訳トリビア大事典